Archive for ETCカードについて

用途別ETCカードの種類について

ETCカードは高速道路を利用する時に専用レーンを通過すれば料金所で停車して支払いをしなくても良いシステムで、とても多くの人が利用しています。

これを利用することでお得な料金設定になったり、ポイントが貯まったりするのでおすすめです。

ETCカードには、二つの種類があります。

【ETC専用カードとは】

ETCカードにはETC専用カードと一体型ETCカードがあります。

この中のETC専用カードというのは、ETCカードとしてのみ使用できるものです。

見た目はクレジットカードとよく似ているのですが、ETC専用カードではショッピングやキャッシングは一切できませんので注意してください。

ETC車載器に挿入して使うのみのカードとなります。

【一体型ETCカードとは】

ETCカードのもう一つの一体型ETCカードとは、クレジットカードとETCカードが一緒になったものです。

一体型ETCカードでは、ETCでの料金精算や買い物の支払いにも使えるカードです。

一体型ETCカードを発行するところが増えているのですが、使う側の人は、もし紛失してしまったらETCカードとしてもショッピングでも使えなくなるのが怖いので、クレジットカードとETC専用カードを持つ人がまだまだ多いです。

【どちらが良いかよく考えて】

どちらのETCカードにするかは使い勝手の良い方を選ぶと良いです。

ショッピングもETC料金も全て1枚で管理したい、何枚もカードを持ち歩くのが嫌だというなら一体型ETCカードを作れば良いですし、紛失時のことを考えると分けた方が良いという人はETC専用カードを持つと良いでしょう。

ETCカードのメリットとデメリット

これまでサービスエリアを紹介してきましたが、これらのサービスエリアを体験するためには高速道路を利用する必要があります。

そこで今回は高速道路を利用する際便利な「ETCカード」についてご紹介したいと思います。

ETCカードは車を運転する人のほとんどが持っているのではないでしょうか。

高速道路を利用する時にはETCカードがあった方が便利ですし、お得です。

ETCカードのメリットはたくさんありますが、デメリットはあるのでしょうか。

まずはETCカードのメリット、デメリットについてまとめました。

【メリットはたくさん】

ETCカードのメリットはたくさんあります。

ETCカードを使って高速道路を利用した方が、現金を支払うよりもかなりお得になります。

ETC割引という制度があって、遠くに行くほどお得になるような料金設定になっています。

また、これを利用することにより、料金所で一旦停止する必要がなく、渋滞緩和になります。

これが一番大きなメリットでしょうか。

外車を運転する人にとってもメリットがあります。

左ハンドルだと料金所では苦労していましたが、ETCだと料金所で支払いしなくても良いのでスムーズに通過できます。

【デメリットはあるの?】

ETCカードはメリットがとても多い印象ですが、デメリットはあるのでしょうか。

ほとんどないと言ってもいいのですが、強いて言えば高速道路をあまり利用しない人だと、車載器の購入などを考えると元が取れないことでしょうか。

しかし、車載器も最近はとても安いものが出ていますので、あまり高速道路を利用しない人でもそれほど損をしたとは言えないようです。

【手続きは簡単】

まだETCカードを持っていないという人も、作るのは簡単です。

クレジットカードを持っていれば、そのカード会社にETCカードを発行してくださいと依頼するだけです。

クレジットカードがあれば簡単に発行してもらえますので、検討してみてください。

ETCカードを利用して様々なサービスエリアを堪能したいですね。