用途別ETCカードの種類について

ETCカードは高速道路を利用する時に専用レーンを通過すれば料金所で停車して支払いをしなくても良いシステムで、とても多くの人が利用しています。

これを利用することでお得な料金設定になったり、ポイントが貯まったりするのでおすすめです。

ETCカードには、二つの種類があります。

【ETC専用カードとは】

ETCカードにはETC専用カードと一体型ETCカードがあります。

この中のETC専用カードというのは、ETCカードとしてのみ使用できるものです。

見た目はクレジットカードとよく似ているのですが、ETC専用カードではショッピングやキャッシングは一切できませんので注意してください。

ETC車載器に挿入して使うのみのカードとなります。

【一体型ETCカードとは】

ETCカードのもう一つの一体型ETCカードとは、クレジットカードとETCカードが一緒になったものです。

一体型ETCカードでは、ETCでの料金精算や買い物の支払いにも使えるカードです。

一体型ETCカードを発行するところが増えているのですが、使う側の人は、もし紛失してしまったらETCカードとしてもショッピングでも使えなくなるのが怖いので、クレジットカードとETC専用カードを持つ人がまだまだ多いです。

【どちらが良いかよく考えて】

どちらのETCカードにするかは使い勝手の良い方を選ぶと良いです。

ショッピングもETC料金も全て1枚で管理したい、何枚もカードを持ち歩くのが嫌だというなら一体型ETCカードを作れば良いですし、紛失時のことを考えると分けた方が良いという人はETC専用カードを持つと良いでしょう。

Comments are closed.